テレビの娯楽としての使い方

娯楽番組

テレビの多くの番組の中で、もっとも視聴率が取れる番組として、ドラマやバラエティといった娯楽番組があります。

テレビが登場してから、テレビ=娯楽といったイメージを日本人は持って生活してきたと思います。
そして、実際に各テレビ番組を制作するテレビ局から、その番組のスポンサーまで、色んな娯楽としてのテレビ番組を世に放送してきています。

テレビ番組の中では、たくさんの有名人、芸能人が登場しており、バラエティ番組ではこれらの有名人が番組企画に挑むなどして、視聴者を楽しませてくれます。

また、最近では、ネット回線を使って生放送などで、視聴者に番組へ参加してもらうことが出来るアンケートやクイズ番組、多数の情報をテレビのネット回線を使って詳しく参照することが出来るといったサービスも娯楽としてさらにテレビを楽しむことが出来るようになっています。

インターネットが多くの情報を発信して、ユーザーに娯楽を提供している一方で、テレビは限られた情報量を駆使して、テレビだから出来ることを視聴者へ娯楽として提供するといった手法になっています。

また、テレビ、インターネット両方のいいところをあわせた娯楽提供もどんどん進んでおり、アイドルの人気投票や、様々なジャンルの商品または作品に対しての反響を生で見ることが出来るサービスも広がりつつあります。